映画「ピンポン」あらすじ

主人公・星野裕(通称・ペコ)は、卓球が好きな高校生でした。
ペコは幼馴染である卓球部員の月本誠(通称・スマイル)とともに中学人留学生が加入したという高校へ向かいます。
中国からやってきた孔(通称・チャイナ)はペコではなくスマイルの実力を見抜き、その場で試合を申し込みますが断られ、代わりに試合をすることになったペコはあっさりと負けてしまいます。
のちに行われた大会でも、ペコは他校の卓球部に所属する幼馴染の佐久間に、スマイルは孔との激闘の末、敗北してしまうのでした。
ペコは大会で佐久間に敗れたことで卓球から離れてしまい、ゲームセンターに通う毎日を過ごします。
スマイルは敗れはしたものの、その実力が他校にまで響いていました。
そんなスマイルに嫉妬した佐久間は、彼のもとを訪れ試合を申し込みますが、スマイルには歯が立たず敗れてしまいます。
もともとは同じ時期に卓球をしていた幼馴染同士だったものの、才能を持つスマイルに対して挫折を味わう佐久間とペコ。
しかしスマイルには佐久間やペコほど卓球に対する情熱がなく、卓球部内でも孤立感を深めていくのでした。
地元の卓球場で卓球部を辞めてしまった佐久間を見かけたペコは、佐久間に卓球と向き合うことをすすめ、自らも再び卓球の特訓を開始します。
大会に出場したペコは初戦で孔と相まみえることになりますが、見違えた動きを見せたペコは孔を破るのでした。
しかしペコは試合後に、以前から痛めていた膝の故障が発生します。
まわりから棄権するようにと止められるペコですが、次戦の相手・風間竜一(通称・ドラゴン)との試合に臨みます。
膝の痛みから劣勢に立たされるドラゴンとの試合を後半でひっくり返し、ペコはスマイルの待つ決勝へと駒を進めるのでした。

映画「ピンポン」感想

登場人物に人間味のある人や個性的な人が多く出演していて、見ていて飽きない作品だと思います。
卓球部を通じて自らの才能で苦悩する選手の様子や、逆に意図せず才能だけを授かってしまった選手の苦悩など、競技を好きな気持ちと実力との間で揺れる登場人物たちの心情が垣間見えて、スポーツを題材とした映画として完成度の高いものに仕上がっていると思いました。
作品内で強烈な個性を放っているペコの言動も魅力的で、漫画のようなセリフを実写の中で違和感なく表現していることも素晴らしいと感じました。
卓球というスポーツの中では動きが少ないように見える競技の中で、試合の展開だけでなくセリフ回しやストーリーの構成などを含めてクライマックスを盛り上げようとする意図が見えて、それらすべてが相まってラストのペコ対ドラゴンの試合は熱い展開となっています。
一番の盛り上がりをドラゴンとの試合に持ってきて、その後に待っているペコとスマイルの試合をあえて描かないという演出も良かったと思いました。